Adobe Flashがよりオープンに「Open Screen Project」

2008/05/2  



5/1にAdobeが「Open Screen Project」というプロジェクトを発表しました。このプロジェクトはPCや携帯など様々なデバイスでFlashを使える環境を整えて行こうというもの。API公開やプロトコルの公開など開発者・デザイナーにとっては注目です。

詳しくはプレスリリースを見ていただくとして、主なポイントは

  • SWFとFLV/F4Vの使用制限の廃止
  • Adobe Flash Player向けのデバイスポーティングレイヤーAPIの公開
  • ロバストなデータサービスであるAdobe Flash CastプロトコルとAMFプロトコルの公開
  • ライセンスフィーの撤廃 – デバイス向けAdobe Flash PlayerとAdobe AIRの次期メジャーリリースをフリーにする


かなり太っ腹。

ディベロッパーやデザイナーにとっては

  • テレビなどのハードをFlashに対応させやすくなる
  • 様々なデバイス向けにそれぞれコンテンツを作成する必要がなくなる


という点が主なメリットでしょう。

ちょっと不思議に思ったのが、Adobeはどこで儲ける気なのかという点。Flash作成のFlexもオープンにしちゃいましたし、ライセンスフィーもとらないのであれば完全にフリーでFlashを使えちゃう訳で…。まずはデファクトを取ってゆっくり考える姿勢なのでしょうか。
まぁ、実際のコンテンツ作成時には有料の開発ソフト「Adobe Flash」を使うこともあるでしょうし、そういったところで儲かるのかもしれません。

ノキアやドコモという携帯周りからTOSHIBA、LGなど家電まで、さらにARMやIntelなどチップセット周りのメーカーもプロジェクトに入っているので本気なのは間違いないかと。

Adobe “Open Screen Project”

http://www.adobe.com/openscreenproject/


ニュース | 7:20 am
関連エントリ
    add to hatena hatena.comment (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 1
    コメントはまだありません»

    コメントはまだありません。

    この投稿へのコメントの RSS フィード。
    TrackBack URL

    コメントする